レディー

向き不向きを理解して我が子をサポート!個別指導で成績アップ

塾選びに気をつけて

教材

お子さんを英語塾に通わせるときにはどんな場所がいいのでしょうか。大人数や少人数のクラスには、それぞれメリット・デメリットがあるので確認しましょう。また、講師のプロフィールや発音をチェックすることも忘れないでください。

ゼミ合宿の利点

複数の男女

長期休みにあるゼミ合宿には子供を勉強に追い込むことができます。勉強を嫌がる子供でも必要に迫られてやることでしょう。また、国語や数学の勉強以外に生活面の勉強にもなります。親元を離れることでいろんな面で成長することでしょう。

専門学校への進学

勉強道具

新潟県内の高校生も専門学校へ進学することが多くなっています。それは専門的に分野を短期間で学ぶことによって、就職がしやすくなるからです。学費は学科によって異なり、場合によっては大学とさほど変わらないこともあるでしょう。

個別指導のメリット

教師と学生

小学生や中学生のお子さんがいるのであれば、学校の成績が気になるでしょう。例えば、小学生高学年になっても掛け算ができなかったり、中学生になって英語の授業に全くついていけてなかったりした場合は悩むはずです。そのようなときには学習塾に通わせようと考えるのではないでしょうか。ただ、奈良県内には個別指導の塾や少人数制の学習塾、集団授業の学習塾といったように色々な学習塾があります。お子さんによって向き不向きがあるので塾選びには注意が必要です。そのなかで、個別指導の塾のメリットを紹介します。
なんといっても個別で指導が行なわれる塾に通うメリットは、お子さんのレベルに合わせて授業が組み立てられたり、授業の進め方を調整できたりすることでしょう。例えば、中学生で掛け算や割り算が苦手であればその部分の指導をして貰えるのです。また、数学は得意だけれども国語が苦手であれば、数学の授業数を少なくして国語の授業数を増やすことができるでしょう。集団塾では生徒一人一人のレベルに合わせることが難しいですし、学校の進度に合わせて授業が組み立てられます。また、病欠などで休んだ場合でも個別指導であれば授業が進むことはありません。別の日に振替授業を組んでもらえるので、部活や用事などがあって授業が受けられないときには融通が利くのです。また、内気なお子さんでも個別で対応してもらえれば講師へ質問がしやすいでしょう。奈良県内にも個別指導の塾が多いので、塾選びのときに検討してみてはいかがでしょうか。親なら、向き不向きを理解して我が子をサポートしてあげるべきだと言えるでしょう。